貸し出しが残っていても売却できるのか

自家用車を置きかえたい、引越すので愛車売却狙う場合に気になるのがローンです。消費が終わっていれば保持は当人なので何も支障ありませんが、消費が残っている場合はどうしたらいいのかわからないほうが多いようです。
結論から言うとローンが残っている場合は売却できません。消費が仕上げるまで所有権はローン会社が持っていますので勝手に売却出来ません。また、勘違いされることが多いのですが、売却するお金で支払えばいいと図る方も多いのですが、消費は一括払い返済が基本です。売却後に足りない分け前は分類で継続して支払えばいいと練る方もいますが、基本的に一括払い返済以外は認められません。
残債が残っていても売却できる対策は、買い取りするお隣が残債を一括払い返済する体制のみです。手続きとしては、売却の狙いを確認し、借り入れを持つ会社に確認した上で自家用車を買取お隣が排除し、残債を払い、所有権を移行することになります。
また、自家用車を売却しても残債が残る場合は買取会社へ査定予算を引いた足りない分け前を払う結果手続を通じて受け取ることもあります。
業者や会社に残債がある愛車売却を依頼する場合は面倒な対処が少ないのですが、自分取扱の場合はこの手法が使えないことが多く、先に買取予算を預かって残債を消してから所有権移行の手続をとる必要があり、頼り問題になることが多いようです。

貸し出しが残っていても売却できるのか