自家用車を売って入った金額に増える報酬租税という確申に関して

日本では、うちや土地のセドリを通じて実益が出た場合は賃金TAXの課税対象として、確申を行わなければなりませんが、モデルを売るため出た実益はどのようになっているのでしょうか。
結論から言い立てるって、モデルを売ることによって生ずる実益は課税対象となる場合とならない場合があります。課税対象といったならないのは、勤め先への通勤や、百貨店などへの買い物、家庭の送り迎えなどのために使用していた時です。この場合、所有していたモデルは身辺用の動産といったみなされます。賃金TAXは、身辺用の動産を譲渡した場合に出た実益は課税が行われないので、売却して得た実益について確申を行う必要はありません。
一方、モデルを自家用として使用していなかった場合は、売ることによって芽生える実益のうち、セドリの際にかかった総計などを差し引いた金額が引き渡し賃金として課税対象として、税務署へ申告する必要があります。しかし、引き渡し賃金には50万円の最高控除の仕組みが設けられてあり、他の引き渡し賃金と合わせて計算したパフォーマンス、引き渡し賃金の合計金額が50万円以下だった場合は、課税対象となる引き渡し賃金はナッシングとして、賃金TAXは課税されないことになります。

自家用車を売って入った金額に増える報酬租税という確申に関して