愛車 売却でダメージやヘコミは直した方が良いのか腹黒いのか?

故障やヘコミがあれば当然中古車 売却をする時折DOWN査定となってしまうので、そういうものは正す方が良いのかとしてしまうものですが、これは基本的にそのままとしておいたほうが結果的に得となります。
修復をすれば当然中古車 売却をする際に査定で有利になりますが、修復にかかった料金以上に査定が伸びるのかというとそのようなことはほとんどありえません。

そのため、直した方が良いのか悪賢いのかというのは治すことによってそれにかかった料金以上に、査定費用の増強を期待することができる状況に限られることになるのです。
つまり、自分も簡単に正すことができるような軽症のものであれば直しておいたほうが、査定で有利にのぼる予想が高まりますが、お金をかけて修復をするのであればそれにかかった料金以上の査定増強はほとんど期待することができないので、そのままとしておいたほうが結果的には査定に有利になるため、直さないほうが良いということになります。

愛車 売却でダメージやヘコミは直した方が良いのか腹黒いのか?