クルマ税納税証明書を紛失したら

愛車 売るの時に必要な書類は色々ありますが、うっかり忘れている事が多い物に、クルマ税金納税資格があります。これはクルマ診断証明や自賠責保険証明と違って、クルマに携帯する役割がある書類ではないので、なくしてしまっていることも良くあると思います。それでも、愛車 売るには必要になる書類なので出来れば残しましょう。やはりクルマ検証書き入れに入れて置くのがいいといえます。但しもし紛失してしまったらどうすればいいのでしょうか、本当は割合簡単に再添付が出来ます。再添付はセーブのクルマ税金会社で行います。クルマ税金は地元税金で県内税金ですので、県庁や県の全体庁舎などにあります。そっちへ行って再添付の手続きが出来ます。再添付の登録にはクルマの登録ナンバー、車台ナンバー、ユーザのゾーン名といった申請者のステータス立証が必要です。納税が確認できれば直ぐ再添付できますが、納税から間隔がたっていない場合は、確認できない事もあるので、その場合は納税した領収証を持ち歩く必要があります。クルマ税金納税資格には、基本的に車検の際に扱う車検専用の雑貨と、納税資格として正式に提出する為の雑貨が別にあり、車検用の納税資格は再添付が不要ですが、車検向けしか使えませんと書いてあります。但しユーズドカーとしても愛車 売る向けでは無料の車検向けでかまいません。

クルマ税納税証明書を紛失したら